海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【試作】ICカードケース

なんとなくお見せ出来そうなモノを…
道産銘木で作った「ICカードケース」これは胡桃です
仕上げがまだまだなので(;´・ω・)実際には半分くらいの厚さになる予定
上の穴にフックをつけるので、それがカードのロックを兼ねます
はるか氏試用後に本番仕様でモニター応募するかもヽ(´▽`)/ 

カードケース試作1 

そして…
一部は画像処理で隠してある部分があります
写真は未塗装ですが、実際にどうするかは検討中
Sapica等のカード用で凸凹の刻印があるカードは入りませんが、リクエストには応えられます(^_^;)
裏面の切り抜きや彫刻はオーダー可
表面の星座マークは彫刻ではなく切り抜きです

カードケース試作3 

カードケース試作2

#お前は何屋だ 
#道産銘木
#試作品 
#何を作ろう 
#猫魔法
#すでにオーダーをいただいてしまいました

wrote by ほのか

|  アイテム解説書 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【作品】ミニアートフレーム♪

昨日まで4日間、
本当は3日間の予定だったのですがありがたいことに急遽1日増えまして、
チカホ北3条広場で開催の3イベントに出店させていただきましたー(*^-^*)

連日、地上はうららかな好天が続いて蒸し暑い地下にはやや人の流れが少な目ではありましたが、
それでもおなじみ様、お初様、今回もたくさんのお客さんに足を運んでいただけました♪
ありがとうございます!

さてそんな今回のイベントで、はるかがどうしてもデビューさせたかった作品群がありました。
こちら。
DJEusH0XgAA81JN.jpg 

ミニアートフレーム。
札幌の景観色フレームの、シンプルなものとお好きな写真を組合せ自由で選んでもらうのも良いのですが、
こちらはあえて写真も固定、それに合わせてフレームをデザインしています。
クリアフィルム写真と、ファブリックの組み合わせ。

おかげさまで多くの方に興味を持って見ていただけたようです!
嬉しい~♪
Twitterを見て気になって、と言ってくださった方も。

さっそくいくつか旅立っていきましたので、また張り切って追加制作します☆
現在はお試し販売中のため土台になるフレームがMDF板ですが、いずれ(現行のフレームと同じように)木材に移行していく予定です。
ご期待ください(*^-^*)

次回の出店は
16~17日(土~日)サッポロファクトリー屋外会場にてワークショップ
18日(祝月)「アートマルシェin食べマルシェ」旭川市常磐公園内
となっております!

artmarche201709.jpg 

またお会いできますように♪

|  アイテム解説書 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【作品】秋桜乱舞



秋を彩る花のひとつ、コスモス。
札幌市内の花壇では、7月下旬から咲いています。

おかげでひまわりと紫陽花とコスモスが同時に楽しめるのも北海道ならでは。

この写真は、曇りの日に撮りました。
逆光の中の花びらに露出を合わせてあげると、曇り空でも暗い感じにならずに仕上がります。

私たちの秋の花旅の定番の中に、道東の遠軽町にあるコスモス畑があります。
今年は6月の雨、7月の高い気温でいつものように花が育っていない、というニュースもありました。
が。
花が少な目でも撮りようはいくらでもあります(^-^)
むしろお客さんが少なければゆっくり撮って回れるチャンスかも。

この写真は、ポストカード、真四角フォトカードになっています♪
作品の一部はWeb shopやCreemaさんでも販売中。

次回のイベント出店は2017年9月5日~7日、いずれも札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(赤テラ横)にて。

|  アイテム解説書 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【試作】イメージを形に

試作を作っています。
クリアーフィルム写真と普通の写真を重ねる方法。
ずいぶん前からやってみたいと思いつつ、なぜか具体的に形にしてこなかったのです。

今回もじつは、フレームのバリエーションを、というところからスタートしています。
でもフレームのほうはまだ、イメージに合う素材が手に入っておらず、先に中身の試作を、という状況。

ケータイで撮っているので画質には目をつぶってくださいねー。

重ね試作03 

青い池を背景に。

重ね試作02

こちらは夕暮れのメルヘンの丘。
空のグラデーションと手前の花ボケとがうまい感じで混ざってます。

重ね試作01

月夜と合わせてもいい感じ。

最初、紅葉など秋の風景と合わせようと思っていたのですが、背景が手前と同系色で、かつ、ごちゃごちゃ系の写真だとどちらも沈んでしまったのでダメ。
奥も手前もスッキリ系で組み合わせるのが良さそうです。

さて、中身の方向性は決まったので…
フレーム側に使いたい素材を探しに行きましょうか。


※※※
旭川市忠和の壺屋総本店様二階ギャラリーで開催中の作品展もいよいよ明日31日まで!
どうぞ足を運んで下さいね♪

|  アイテム解説書 | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アイテム】「札幌の景観色フレーム Ver.2.0」へ

景観色フレーム準備01 

ここからは自宅に戻っての作業になります。
まずは切り出したそれぞれのパーツの研磨作業です。

レーザーカッターで切断しているため、切り口だけではなくその周辺も焦げや煤があります。
まずはそれを落とすために#240のサンドペーパーで研磨します。
そして木の名称が彫られている面と札幌の景観色で塗装する面を#400のサンドペーパーでさらに研磨します。
研磨で出る木粉はエアダスターで飛ばすのですが…その消費量が予想以上でした(^_^;)

現在コンプレッサーの導入を検討しています。
この日…レーザーカッター作業から帰宅してそこからの昼食が終わったのが既に16時を回っている状況でした。
研磨は元々屋外作業の予定でしたが、どう考えても作業が日没を超えることは間違いありません(´ー`)┌フッ
そこで、本来雨天等に対応出来るように物置にスペースを作っておいたので、そこに照明等を持ち込んで作業してました。

研磨が終わったら表材と裏材の貼り付けです。
試作の時は自宅にあったセメダインの木工用ボンドを使用したのですが、今回からタイトボンドを試してみることにしました。

景観色フレーム準備10 

セメダインのよりも粘度が低く気を付けないと塗り伸ばしているスクレイパー側から垂れてきます(^_^;)
今後の仕様変更があった時を考えて、接着後に切削性の良いものをと考えてのタイトボンド導入です。
セメダインやコニシ(ボンド)のは固まると弾力性がある状態になりますが、タイトボンドはカチコチになります。
それ以外は特に大きな違いはないように思います。

貼り合わせフレームたちは、間に普通紙を挟んで上から重しを乗せます。
重しの定番といえば…そう「図鑑や事典」ですね(^_^;)

景観色フレーム準備04 

5冊組のどうぶつ図鑑があったので、それでほぼ1日放置します。

その後は…
「三角環とトンボの取り付け」

景観色フレーム準備08 

「マスキング」と続いて、1回目の塗装になります。

景観色フレーム準備02 

塗装の際には「どの木にどの色を塗るのか」が分からないくならないように、それぞれのフレームに塗料のボトルを立てておきます(^_^;)

景観色フレーム準備03 

1回目の塗装が終わって十分に乾いたら、素地調整で#400のサンドペーパーで軽く研磨します。
その後2度目の塗装をしたら、出来れば2日は乾燥させたいところです。

その間に裏蓋の研磨をします。
やはりレーザーカッターでの彫刻と切断のため、焦げや煤があります。

景観色フレーム準備06 

景観色フレーム準備07

表裏どちらも右が研磨前、左が研磨後になります。
特に彫刻部分は周りの焦げがなくなり「すっきり・くっきり」な印象になります。

そうして出来上がった「札幌の景観色フレーム Ver.2.0」は、この12色でスタートします。

景観色フレーム準備05 

まずは右上の4色は上から順に…
「乳白(ミルキースノー)」「キャベツ」「ライラック」「煉瓦(れんが)」

そして右下の4色は上から順に…
「ラベンダー」「豊平川(とよひらがわ)」「石切山(いしきりやま)」「蝦夷梟(えぞふくろう)」
蝦夷梟は先月から登場している色です。

さらに右上の4色は今回から登場となります。上から順に…
「陽光白(シャイニングホワイト)」「藻岩山(もいわやま)」「蝦夷りす(えぞりす)」「藍の里(あいのさと)」

色見本として展示するのは試作時の桐で作ったものになります。
販売するのは全て道産木材製になります。
表面は「札幌の景観色」を…そして裏面は銘木の表情をお楽しみいただければと思います。

「何の木に何色が塗られているのか…」

今回限りの組み合わせもあるかもしれませんので、そこはぜひ実際にご覧になっていただきたいと思いますヽ(´▽`)/


…さて…材料が中国大量生産MDF素材から「天然北海道産木材から全て手作り」に変更したことに伴い価格も変更になります。
価格は「1,400円」となります(※イベント等での直販時の価格です)。


「札幌の景観色フレーム Ver.2.0」これからよろしくお願いいたします<(_ _)>

※このフレームは海蒼 絵葉書館が販売している「フォトカード」「ウッドコースター」がピッタリ収まるように作られています。
フォトカードを入れても裏蓋ははみ出しません。
またウッドコースターは裏蓋と入れ替えて飾っていただけるようになっております。
フレーム単体をご購入されてご自身の作品等を飾られる方は、厚紙等を裏打ちに使用すると良いかと思います。

※office seAsOw 公式ブログより転載

*****

●SHAREカメラ部(大人の部活動)●
2017年度 毎月第2、4木曜日
10:00~12:00
ものづくりオフィスSHARE、詳細はhttps://www.facebook.com/events/1930955540519431/

●絵はがき屋さんのデジカメ教室●
スケジュール公開中、以下からご確認下さい☆
http://seasow.net/classroom/digicam_school
10:30~12:00
札幌市内2会場、詳細は当館へ

●イベント出店●
ブログ右サイドバー、またはイベントスケジュール(http://sscard.cart.fc2.com/userpage?id=27371)にてご確認下さい(*^_^*)

|  アイテム解説書 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アイテム】「札幌の景観色フレーム」のリニューアル…その2

「その1」では弐号試作に入るところまででした。
今回はその弐号試作の様子をお話ししようと思います。

まずは事前にレーザーカッターで使うデータを作成します。
と言っても、既に初号試作時に大枠は作ってあるので、新たに作ったのは裏蓋になる部分だけです。
また、切り出して端材になる一部は別の作品の材料にすることにもなったので、それ用の彫刻も同時に行います。

景観色ミニフレーム制作20170606-01 

実際に作業するときにはレーザーカッターにつながっているPCにすべてのデータを移し、そしてそれが正常に読み込まれているかを確認します。

さぁ切り出しですヽ(´▽`)/
まずは試しに1組分を「彫刻」→「切り出し」と順に行って位置関係等を確認します。

景観色ミニフレーム制作20170606-02 

今回は初めて「桐」を使ったので、それぞれのレーザー出力等を調整します。

景観色ミニフレーム制作20170606-03 

そしたらもう…あとは応援するだけです(`・ω・´)

特に大きな設定ミスもなく無事に切り出しは完了…
そのあと「軟石や」さんの2階スペースをお借りしてサンドペーパーにて磨きます。
レーザーカッターなので切り口は焦げている状況です。
残す部分と残さない部分のそれぞれの処理を行います。
そして出来上がった各パーツがこちら…

景観色ミニフレーム制作20170606-04 

そしてそれらを組み上げるとこんな感じです。

景観色ミニフレーム制作20170606-05 

予想通りの仕上がりです!
あとはこれに景観色を塗っていくのですが…
実はその様子は「TwitCasting」(通称ツイキャス)にてライブ配信しております。
いつも深夜の作業が多いのですが、配信は全て録画公開しております。
今後はフレーム作りの部分でもライブ配信出来るように準備しているところです。
過去のライブ履歴はこちらからご覧いただけます。
http://ja.twitcasting.tv/honoka_seasow/show/

この弐号試作は着色して今後の「展示見本」として使用されます。
実際に商品になる木の種類については次回にお話ししたいと思います。

(office seAsOw公式ブログより転載)

*****

●SHAREカメラ部(大人の部活動)●
2017年度 毎月第2、4木曜日
10:00~12:00
ものづくりオフィスSHARE、詳細はhttps://www.facebook.com/events/1930955540519431/

●絵はがき屋さんのデジカメ教室●
スケジュール公開中、以下からご確認下さい☆
http://seasow.net/classroom/digicam_school
10:30~12:00
札幌市内2会場、詳細は当館へ

●イベント出店●
ブログ右サイドバー、またはイベントスケジュール(http://sscard.cart.fc2.com/userpage?id=27371)にてご確認下さい(*^_^*)

|  アイテム解説書 | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アイテム】札幌の景観色フレームリニューアル、その1

景観色ミニフレーム試作過程04 
「札幌の景観色フレーム」
フォトカード用のフレームを探していた時に丁度良いものが量販店にありました。
MDF合板そのままだったので「何か色を塗りたいね…」と言っていました。
色々と検索していくと「なんだ?この札幌の景観色っての?」
一つ一つの色の名前、そしてその由来を見ていくと「これで塗りたい!」と思うようになりました。
フレームの製造業者に商用利用可能かの確認をとり、塗料がとても身近にあることも判明。

そうして出来たフレームですが…量販店での販売に対応するための海外での生産品がベース。
そのために工作精度が悪く「購入された方で難儀している方もいるかもしれない…」と思うこともありました。
品質にもバラツキが大きく、数件回っても数個しか手に入らないことも度々です。

「価格が上がっても、もっと良いものはないだろうか?」
知っている木工さんに相談したりネットで探してみるけど、どうしても「フレーム」では見つけられない。
正方形という形状、そしてあの大きさ…それを超えて訴えてくるものが見つけられないのです。
半年以上悩み、そして最後に出した結論は…「自分で作ろう」

作り方を色々と考えて、そこから必要な材料を買ってまずは初号試作。
とりあえずベニヤを使って試してみると、そんなに悪くない。

景観色ミニフレーム試作過程03 
(レーザーカッターでパーツの切り出しと彫刻をします)

でも…ベニヤ合板特有の部分が気になって「一枚板」を探してみます。
これが難航(^_^;)
ところがある日、いつもと同じようにググっていたら目に留まったページが…
幅矧ぎ材ではあるものの希望のサイズで小売りしてくれるところを発見。
蓋部分はあえてMDFにしようと思っていましたが、欲しい厚みのものの入手性が悪いためシナベニヤに。

ひとまず材料がそろったので、今日は弐号試作です。

景観色ミニフレーム試作過程01 
(試作用の「桐」5mm厚です)

景観色ミニフレーム試作過程02 
(4mmのシナベニヤと5mmの桐)
この材料で、実際に作ってみようと思います。

実は…先日のイベントで道産材を扱っている方と出逢いました。
その方にこちらの希望を伝えると「大丈夫ですよ!」とのお返事を頂けました。
諸々の調整はこれからですが、使いたかった「道産材」の目処もたちました。

さぁ…どうなるかな…(*´ω`*)

wrote by かじほのか
office seAsOw公式ブログより転載

*******

●SHAREカメラ部(大人の部活動)●
2017年度 毎月第2、4木曜日
10:00~12:00
ものづくりオフィスSHARE、詳細はhttps://www.facebook.com/events/1930955540519431/

●絵はがき屋さんのデジカメ教室●
スケジュール公開中、以下からご確認下さい☆
http://seasow.net/classroom/digicam_school
10:30~12:00
札幌市内2会場、詳細は当館へ

●イベント出店●
ブログ右サイドバー、またはイベントスケジュール(http://sscard.cart.fc2.com/userpage?id=27371)にてご確認下さい(*^_^*)

|  アイテム解説書 | 05:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT