海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【アトマ】ふらのクリマとふぉと書こぼれ話

最近、このブログがイベント出店情報ばかりになってしまっていますが(汗)

今週末は、富良野市で開催される「ふらのクリエーターズマーケット」へ出店します!
先月に引き続き、の富良野エリアへの遠征。
来月にも私用で富良野へ行くことが決まっているため、珍しく撮影以外の用で3ヶ月連続の富良野行きとなります。
(せっかくならついでに撮って回りたいんですが~、なかなかそうも行かず)。

ふらのクリマvol9

今回も、好評をいただいているアトリエ書の花さんとのコラボ作品を増刷して持参する予定です。

ところで先日のcopanの時に書の花の関吉さんから、ふぉと書作品(コラボ作品のことを私が勝手にそう呼んでます)制作について、こんな話を聞きました。


関吉さんが月2回のペースで定期開催されている「カフェ書道」に参加される生徒さんに、よく聞かれるのが、
「フォト書道って、写真に字を描いているんですか?」
ということだそうです。
関吉さんが、
「普通どおりに半紙に文字を描いて、それをスキャナで取り込んで写真に合わせています」
と教えると、
「そうなのね、ホッとした~」
と言われるそうです。

どうやら、直接写真に描くとなると緊張してしまうけれど、お習字で習った半紙に描く、ということであれば少し安心されるようです。

海蒼 絵葉書館のラインナップにあるふぉと書作品も、すべて同じように作られています。
私がピックアップした写真素材の中から、関吉さんが「描いてみたい!」と思ったものを選んでもらったり、私が「この写真に描いて欲しい」と思うものを選んで依頼をしたり。

言葉も、それぞれです。
写真を見て関吉さんが「こんなメッセージにしよう」と考えたり、私が「こういう言葉を描いて欲しい」とリクエストをしたり、あるいは名言と呼ばれるものの中からお借りしたり。
時には関吉さんが写真を選び、私がイメージに合う言葉を考える、という場合も。
お互いに、自分のぼんやりとしたイメージが具体的な形となり作品になったときの感動は、何度味わっても心地の良いものです。

ところで、半紙に描いた文字をスキャナで取り込んだあと、写真と合わせるのはほとんど関吉さんにお願いしています(文字色を変える時だけ私がやっています)。
デジタルデータになってしまえば、配置を変えるのは自由自在。

でも、一文字ずつバラすわけではなく、複数の文字をひと塊として取り込むのですから、時にはメインの被写体と重なってしまうのでは?
どうやってイメージした空間の中にバランスよく文字を収めるの?

尋ねてみると、
「頭の中に(ベースにする)写真を思い描きながら描くんです。それだけで、空間や被写体とのバランスがちょうどいい具合に描けるんですよ。取り込んで重ねてみると、ちゃんとイメージ通りに収まるんです、自分でも不思議なことだけど」
とのこと。

何の障害もない真っ白な半紙に描くのと、スペースや形に制限のあるふぉと書用のものとはずいぶん勝手が違うはずですよね。
だけどちゃんと収まりよく仕上がる。
アート書道家さんだからこその、技術ですよね(*^_^*)

こうして出来上がった、たくさんのコラボ作品たち。
イベント出店限定の、A4サイズ版も種類を増やして持参します!
一度に展示できる枚数には限りがありますので、声をかけていただければ他の在庫もお見せします。
お気軽にお申し付け下さい☆

その他にも、撮影した場所や北海道話など、色んなお話ができたらな~と思っています。
どうぞお気軽に話しかけて下さいね。
ただしカメラやパソコンの機械的な部分については、技術担当(=穂和)が居りませんのでわからなかったらゴメンナサイ。

たくさんのお越しをお待ちしていま~す!!


ふらのクリエーターズマーケット VOL.9
2010年6月26日(土)~27日(日) 10:00~17:00
「富良野市生涯学習センター」
富良野市山部東21線12番地
 富良野市教育委員会生涯学習センター・富良野市博物館
公式ページはコチラから

|  イベント出店報告書 | 03:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

どうもどうも

先日ふらのクリエーターズでお話しさせて頂いたものです。
写真にあった詩が添えられるよう鋭意頑張っておるのですがやっぱなかなか出ませんです(--;)
また何かイベントありましたらご報告お待ちしておりますm(__)m

| 凧tako | 2010/06/29 00:20 | URL | ≫ EDIT

>凧takoさん
その節は、どうもありがとうございました!
貴重な体験やお話…特に狸小路の件は非常に興味深かったです。
…度胸はないですが(笑)

あれからすでに一週間、いまだご報告記事のひとつも書けないような超マイペース?人間ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします!

| はるか | 2010/07/03 00:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/159-b2df860a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT