海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【雑記】イベント詐欺にご用心

先日、いつもお世話になっている作家Fさんの発行するメルマガが届きました。

いつもボジティブで笑顔の耐えないFさんですが、このメルマガではちょっと雰囲気が違いました。
その理由は、メルマガ本文を読むとわかりました。

どうやら、悪質なイベント主催者に出会ってしまったようなのです。

写真素材 PIXTA
(c) enterFrame写真素材 PIXTA


メルマガの内容をかいつまんでお伝えすると、事の顛末は以下のようなものだったようです。


過日、Fさんはとあるアート系イベントの募集を見て、参加申込みをしました。
初参加のイベントなので、出展を楽しみにしていたそうです。
ところが開催日の前夜、作家仲間から電話がかかってきたそうです。

「主催者が相当適当な人で、イベントの告知を全くしていなく、お客は来ないわ、主催者はいないわで大変なことになっている」と。
(詳細はわかりませんが、おそらく何日か続けて開催されるイベントで、Fさんは2日目以降に参加する予定だったものと推測されます)

考えた結果Fさんは参加を取りやめたとのこと。

後から聞くと、出展者さんには出展要項が送られてくるわけでもなく、出展料の支払い先だけが書かれた紙だけが来て、人によっては自宅まで押しかけられて請求されたというケースもあるようです。
とんでもない話です。

返金騒動も起きている中、Fさんは高い授業料だったと思って諦めたとのこと。
そんなFさんは、今後イベント参加を考えている作家さんへ、こんなアドバイスをしてくれています。

・主催者がきちんとした人かどうか確認すること
・連絡先が1つでないことも重要(電話番号を教えない人は信用できない)
・出展料の支払い期日が短い(申込みから3~4日など)場合は要注意
・ブログやホームページ、フライヤーなどでイベント告知を積極的に行っているかどうか
・出展要項や、他の参加者の名前など、情報発信を積極的に行っているかどうか

インターネットや地元紙など、手作り・アート系イベントは毎日たくさんの場所で募集が行われています。
イベント参加の楽しさを覚えてしまうと、ついつい知らない場所や新しいイベントの募集にも惹かれてしまうもの。

ほとんどの主催者さんは、それぞれのコンセプトを持って楽しいイベントにしようと尽力されていると思います。
けれども中には、上記のような悪質な主催者がいることもある、ということを、覚えておいて損はないのでしょう。

今回の件に関しては私は直接関わっていないのでイベント名は敢えて伏せていますが、今後同じような思いをする作家さんが増えないためにも、Fさんのメルマガの内容を一部転載させていただきました。
参加希望の作家さんの信頼を裏切る、本当に残念な「事件」です。

|  日々雑感(はるか) | 03:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/175-5bd515f1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT