海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【撮】風と大地と太陽と

連休を利用して、久しぶりに遠出をして参りました~!

6月後半に行きたかった幌延町の幻の青いケシの花が、もう間に合わないかもと思いつつでも一応開花時期が7月中旬頃までということで、行き先は道北に決定。
連休中最もお天気に恵まれたのが道北の太平洋側という幸運も重なって、撮り旅を満喫することができました。

初日の留萌、羽幌は快晴。
海が眩しすぎるくらいキラキラ輝いて、夏全開な日和でした。
ところが夕方近くなって道の駅富士見に着くころには水平線に黒い雲が…。
幌延町の風車群と利尻富士が見えるあたりに着いた時には利尻富士はほぼ雲の中に沈んでいました。

以前のように欲張りなスケジュールで先を急ぐ旅だったら、このロケーションは諦めるしかなかったかもしれません。
でも今はなんと言っても子連れ行脚。
無理なスケジュールは組めません。
最初から、翌日も道北の海沿いをうろちょろする予定だったので、この日はロケーションを確認するだけで終わりにしました。

そして2日目!
幌延町のトナカイ牧場にて、念願の幻の青いケシ(ブルーポピー/メコノプシス・ベトニキフォリア)とご対面!

ブルーポピー2012

予想通りもう終わりに近く、5000株とうたわれるケシたちも咲いている子はわずかでしたが、中にはちゃんとこんな美人さんも残っているわけですよ(笑)

娘はトナカイやヤギと触れ合った(?)り、サンタさんの衣装を借りて着ておおはしゃぎでした。

その後、少し南下して手塩方面に向かっているとき、気まぐれで国道からそれた畑を横切る一本道からこんな素敵な風景が!
牧草ロールと利尻富士と風力発電所

牧草ロールに利尻富士に風車群(オトンルイ風力発電所)!
なんとも贅沢なロケーション~!!

でも夕陽を撮るならもう少し風車に近いほうがいいかもね、などと言いながら、天塩町の鏡沼海浜公園で娘を遊ばせつつ夕暮れ時を待ちました。
そうして陽が傾いた17時過ぎ、再びあの一本道へ。
夕暮れ時刻にはだいぶもやがかかってきていたので日没がどうなるか少し心配でしたが、

利尻富士と風車の向こうに沈む夕陽

…こんな素敵な夕暮れを見せてくれました!

風と大地と太陽と。
私たちが大切にし、知恵を絞れば、これからの私たちを支えてくれるエネルギーを分けてくれると信じて。

感謝と祈りを込めたくなるようなひとときでした。

|  道北エリア | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/457-92f83049

PREV | PAGE-SELECT | NEXT