海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【雑記】冷えってやつは

ついに札幌でも初雪が…と思ったらその日のうちにしっかり積雪となりました。
さすが北海道(笑)
もう11月も半分を過ぎましたもんね、雪のシーズン到来です。

雪の結晶110215-01

そんな中、たまたまほのかと冷えの話になり、気になったのでちょっと調べてみました。

冷えは万病の元、とよく言いますよね。
そういえば私の個人的感覚の中で「平熱が低い人の方が風邪を引きやすい」というのがあったのですが、どうやら科学的研究結果もあるようです。
そうか、だから平熱が高めの私はあまり風邪をひかないし、ひいても軽くて治りやすいのかと妙に納得してしまいました。

冷えによって血行が悪くなるとこりや痛みがおきたり、婦人科系の病気にかかりやすくなるとか、
免疫力が落ちて風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、ガンにかかりやすくなるとか、
代謝が悪くなって倦怠感やうつ、心筋梗塞、脳梗塞、老化の原因にもなるとか……
そんなふうに聞くと、冷えってばかにならないんだな、と改めて思わされます。

冷えと言うと体感的な、感覚的なものだと思いがちですが、肩こりや頭痛・めまい・動悸・息切れなどの症状も冷えが原因のことがあるようです。
言われてみればそうかも、と思いますが、普段は肩こりや頭痛は「目の疲れかな」とか、めまいは「低血圧だし」とか違う原因を疑って、身体を温めるという方向に気が回らないこともあります。
我慢をしているつもりではなくても、ちょっと寒くなったら早めに1枚多く羽織るということも大事なんですね。

そういえば寒いのに我慢をして薄着でいると、身体が「もっと暖めなくては!」と勘違いをして脂肪が付きやすくなるという話も聞いたことが。
ちなみにその話をしていた整体の先生は、腕立て伏せのポーズをオススメしていました。
腕立て伏せを、しなくてもいいんです。
ポーズだけ、で静止して、30秒とか1分とか、慣れてきたらもっと長くしたりとか。
これで腹筋背筋や腕、など全身にバランスよく筋肉がついて、寒くなりにくい身体作りにもなりますよ、と。
簡単でいいですよね。

冬の木-支

でも身体作りをしている間にも寒さはやってきます。
とりあえず防寒…といってももも引きとか腹巻、と聞くとオジサンっぽくて敬遠したいという人も多いと思います。
着膨れると動きにくいし、まず第一にカッコ悪い、と。
それでも最近は薄くてアウターに響かない暖か下着もいろいろありますよね。
見た目は薄着でもしっかりホット、寒いなんて一言も言わずに胸を張って歩いている方がカッコイイのかも知れません。

腹巻といえば先週、ラジオドラマの中で3歳の男の子がお誕生日に腹巻をプレゼントされて、喜んで着ていたら友達にからかわれて泣いてしまう、というお話がありました。
お母さんがその子を励ますために、腹巻のすばらしさを伝える絵本を作ってあげる、という結末になるのですが、その絵本が実際に出版されるというからびっくりです。
さすが人気ラジオ番組。
絵本は「えいたのハラマキ」というタイトルだそうです。
しかも絵本に登場するものと同じデザインの腹巻付き。
私もちょっと欲しくなってしまいました。

冷やさないって、大事ですもんね。
冬に電力消費が増える北海道では、今冬も節電目標が掲げられています。
暖かグッズを楽しみながら駆使して冬を乗り切りたいものです。

冬の撮影姿

そして屋外の冬を満喫するときにはこのボリューム!

長袖シャツに裏起毛つきのパーカー、防寒のごっついジャンバー。
ジーンズの上からスキーウエアのズボン、手袋、マフラー、ニット帽の上からジャンバーのフード。
足元は厚手の靴下、ふくらはぎまで中敷のある防寒靴。
こうして氷点下20℃の世界でじっとチャンスを狙うのです(笑)
寒いからこそ出会える景色を目指して!

※写真は全て、昨シーズン以前に撮ったものです※


あ!!
来週28日(水)は超お久しぶりのチカホでイベントに出ます!
「Art Bowl 2012」
札幌駅前通地下歩行空間 北3あたりの憩いの広場でお待ちしています!!

|  日々雑感(はるか) | 06:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/512-af6b4af0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT