海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【フォト書】どう思います~?

2014年新ジャンル第二弾、クリアフォト書☆

クリアフォト書02

透明なフィルムにフォト書を印刷し、アクリルのフレームに入れました。
間接照明などを当てると、写真印刷のものともまた違った雰囲気が出ます。

クリアのフレームの代わりに窓ガラスに貼ると、外の明るさや外灯の光などによって見え方が変わるという楽しみ方も。
透明素材ではなく、コルクボードや壁などに直接貼れば、背後の素材が浮き出て、これまた面白いです。

じつはこのクリアフォト書、1ヶ月ほど前に完成をしてCreemaさんを始めとした外部サイトで公開をしていました。
私はA4サイズでの仕上がりをイメージして創り始めたのですが、アート書道家の関吉さんから「ハガキサイズにはできないの?」と言われ、試しにやってみるとこれもなかなかイイ感じに。

クリアフォト書04

ポストカードサイズ、ではなくA6サイズで作っていますが、大きさ的にも手ごろで飾りやすいかも。

そして…
今悩んでいるのが、このA6サイズクリアフォト書を商品化した場合。

写真に写っているフレームは、とても気に入っているのですがじつはセ○アさんで購入した100均モノ。
100円ショップでもなかなかステキなものはたくさんあるのですが、それを商品とするのは…ちょっと抵抗があったりもします。
なので、当初はフレームなしの中身のみの形で販売しようと考えていました。

ところが、先行でサンプルをお見せしたみなさまが、
「フレーム付きの方が、持って帰ってすぐに飾れていい」
「このフレームとの組合せがステキだからセットで売って欲しい」
などなどとおっしゃっているようなのです(関吉さん談)。

確かにそれもあるかも。

クリアフォト書03

私の気にかかっている点は、このフレームに使われているのがガラスだということ。
イベントなどに持ち出した際に、梱包や持ち帰り時の破損などが心配なのです。

ではアクリルを使った同様の形のものはないかしら…と探してみましたが、アクリルとなるとさすがにお値段が変わってきます。
フレームだけで中身のクリアフォト書の3倍くらいのお値段になってしまいそう。
それもちょっとな~と迷い始めてしまいました。

もっとも、セ○アでこのフレームを販売している時には緩衝材などもなく、プラの袋にそのまま入れられて店頭に並んでいます。
工場から店舗に納品される時にも、さほど厳重な梱包はされていないのではないかと推測されます。
ガラスが2枚入っているから、1枚よりは頑丈ということもあるでしょうしね。

そう考えたら、あまり神経質になる必要もないのかな、と思ったり。

この記事を読まれた皆様は、どう思われますか?

・100均モノでも、このフレームとセットがいいと思う
・多少値が張っても、アクリル製のがいいと思う
・中身のみで、自分で自由に飾れるほうがいいと思う
・その他ご意見

ブログコメント、メール、Twitterのリプライ、DM、FBページのコメント、メッセージなどどれでも結構です。
ご意見を聞かせていただけたら嬉しいです(*^_^*)

クリアフォト書01


さてさて、次回イベントの日程のご案内です!
気が付けば半年ぶりの札幌市内出展!!
4月21日(月)、チカホ北3条広場で開催される「地下マルシェ 食と手作り祭」に参加いたしますー!
イベントじたいは21~23日の3日間ですが、当館の出展は初日の21日のみとなりますのでご注意下さい☆
このクリアフォト書も持参いたしますよー♪

当日お会いできるのを楽しみしています(*^_^*)

|  フォトことば解説書 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/631-79dbad68

PREV | PAGE-SELECT | NEXT