海蒼 絵葉書館*Photo Log

seAsOwの撮影日誌+ふぉとエッセイ+フリマ出店情報+味と癒しの北海道情報etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【解説】誰か代わって…!

誰か代わってくれても文字なし


勢いよく水を跳ね上げる鮭。
ライセンスを取って釣りをする友人に同行して、釣り上げる瞬間を撮った1枚です。
光の加減で糸は見えませんが、まだ釣り糸がつながっています。
そして水の上に跳ねているように見えますが、じつはここは浅瀬。
鮭の腹は川底についています。

そんな写真の上に載せたことばは
「誰か代わってくれてもいいんだけどー! って自分がやるしかないのかー」
という、なんとも切実(?)な叫び。

このことばは、はるかが出産のときに頭の中で叫んでいた言葉でもあります(生々しくてすみません)

陣痛飽きたし疲れたし、もうイラナイ!!
早く終わってくれ!!
誰か代わってくれてもいいんだけど!!!
って、それ無理でしょアタシ!

いよいよ生まれる、陣痛もピークという時。
叫びのかいあってか(違う)無事に出てきてくれた瞬間には、喜びよりも痛みからの解放感の方が強かったかも知れません。

さてこの言葉をフォトことばにしちゃえ!と思いついたのはそれから何年も後のこと。
最初、合わせる写真は別のものを考えていました。
それが、こちら。

投げ出されたウグイ

釣り人の針にかかったものの、食味の良くない魚なのでカモメの餌として放り出されたウグイです。
熱いコンクリートの上に転がるウグイ。

けれどもフォトことばにするにはあまりにもシュールすぎる、という意見を受けて却下になりました(^_^;)
ちなみにウグイの「その後」ですが、カモメたちはちゃんと心得ていて、

カモメのウグイ争い

こんな感じで争って持っていきます。
(私の知る限り、この周辺の釣り人さんはちゃんと魚から針を外して投げています。
野生生物にケガをさせたり、ゴミを残したりといったことをしない、ということ。
マナーを守ることが自分たちの楽しむ場を守ることになるのは、釣りも写真も一緒ですもんね。)

最終的には鮭の写真になって、この方がしっくり来るわと今では思っています(^_^;)
写っている鮭は、この日の夜には友人の手によってさばかれ、みんなで美味しくいただきました~(*^_^*)

誰か代わってくれてもいいんだけど

生を受ける瞬間と、生を奪いいただく瞬間が交錯するこの1枚。
「いのち」への力と感謝が詰まった1枚、でもあるのです。


wrote by はるか


***スケジュール***

●絵はがき屋さんのデジカメ教室●
毎週月曜日、他、土日の単発講座もあり
詳細はコチラでご確認


●フォト、書と、ことばの散歩道(ラジオ放送)●
毎週月曜日12:20~
FMしろいし83.0MHz、サイマル放送あり


●ざっくり市場 第13回目●
2016年1月26日(火)
11:00~18:00
チカホ大通側広場(イシヤ横)←先日まで場所を誤って告知していました(汗)正しくはこちら!!


●hand to heart vol.18●
2016年1月28日(木)
11:00~19:00
チカホ北3条広場(赤テラ横)


●作品プチ展示中●
2016年1月4日(月)~1月29日(金)
10:00~18:00(土日祝定休)
札幌市役所地下食堂 入口


●わくわくビューティーフェスタ苫小牧●
2016年2月13日(土)
10:30~16:30
COCOTOMA(ココトマ)


詳しくはイベントスケジュールにてご確認下さい(*^_^*)

|  フォトことば解説書 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://afharuka.blog67.fc2.com/tb.php/851-ae2cf06f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT